ドアツードアサービスによる海外引越し対応地域


  1. オーストラリア
    シドニー、メルボルン、ブリスベーン
    *キャンベラへはシドニー通関後(航空便・船便)、ケアンズ、タウンズビルへはブリスベーンにて通関後(船便)の配達となります。
  2. ニュージーランド
    オークランド、クライストトチャーチ、ウェリントンにて通関後ほぼニュージーランド全域へ配達可能。
  3. UK
    ロンドンにて通関後UKの多くの地域に配達可能。
  4. USA
    一部の地域に配達可能。
  5. ホンコン
  6. フランス
    航空便はパリで通関フランス全土へ配送可能。
    船便に関しましてはお問い合わせください。 
  7. ドイツ

オーストラリア向け、ニュージージーランド向けに関しましては木箱木枠等の開梱(家具等を送られた場合)およびその廃材の持ち帰り処分の対応が可能です。

*大学の構内等、大学が個人の指定するのドア(学生寮など)までの配達を許可しない場合は、大学が配達を許可する地点(drop off area)までの配達になります。配達先の運送会社の約款や事情によりあるいは配達先の建物の構造や利用規則または取り決め等により建物の正面玄関や荷受口までの配達のみが可能、または車上渡しとなる場合も中にはございますのであらかじめご了承願います。 

*現地でのサービスは原則日本語に対応しておりません。日本語対応のサービスをご希望の場合は日本人スタッフのいる会社を利用するため、料金は大幅に異なります。


物品に対する関税、輸入税が生じた場合は現地でお支払いいただくことになります。
税関または検疫の検査が行われた場合に発生する検査料金は発生した場合のみ現地にてお支払いいただくことになります。

通関業者が間に入って通関を手配する場合(door-to-doorで送られる場合、もしくは現地で通関業者に直接依頼される場合)、ご自身で税関まで出向かれて通関される場合に比べ輸入申告に対する許可が下りるまでかなり時間がかかるといえます(各国税関共通)。

通常ご自身で税関まで出向かれる場合、許可をもらえるまでに数分から数時間といったように即日に許可になる場合が多いようです。 個人の方ですの何度も税関まで足を運ばなくすむように便宜を図ってくれたり、また何らかの不備などがあった場合でも大目に見てもらえる
あるいは融通を利かせてくれるといったはっきりとした傾向があるといえます。(人間は通常目の前にいる人に対しては優しかったり、親切にすることが多いですよね。各国の税関の職員の方も同じといえます。)

一方でドアツードアなど業者が間に入った場合日数も最低数日から国によっては2週間ぐらいかかることもあり、また誤って持ち込めない物を同梱してしまった場合などは大目に見てくれる可能性は低くなるといえます。




海外引越し(ホーム)






航空便料金表 | 船便料金表 | お客様の声 | お問い合わせ | ダンボール・梱包資材の販売 | お客様より寄せられた通関配達レポート | 海外引越し用語集 | 用語集フランス語 | パッキングリスト | お支払い | 現地の輸入税、関税について | 海外引越し貨物保険 | 主要国別海外引越し情報 | 世界主要都市IATA 3レターコード | 送るのに注意が必要な品目 | 梱包に関するアドバイス | マスコミ | SAL便(シー・アンド・エア) | 船便所要日数 | 海外から日本への引越 | 航空貨物の特徴と利点 | プライバシーポリシー | 最新情報 | お取り扱いするもの、出来ないもの | 必要書類 | 航空便による海外引越の所要日数 | 航空貨物トラッキング(追跡) | アメリカ合衆国 | オーストラリア | ニュージーランド | 米国10+2ルール(Importer Security Filing/ISF)に関するご案内 | 世界の国際空港総覧 | BL約款和訳文 | Moving from Japan